FC2ブログ

RSS
Admin
Archives

きょうの丸永建設

丸永建設 工事進歩状況です。

プロフィール

丸永建設

Author:丸永建設
現在の工事進歩状況や、
マルナガの雰囲気をお届できたら~
と思いますヽ(^o^)丿

カテゴリー
リンク
プロフィール
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
--.--
--


--:--
Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018.06
15
CM:0
TB:0
16:19
Category : 施工中
皆さん、こんにちは♪

昨日まであんなに天気だったのに今日は雨・・・
小学校では今日プール開きだったのにきっと延期だろうな
我が家の子供たち、きっとガックリして帰ってくることでしょう・・・
梅雨ですから仕方ありませんね

さて、今日は先日行われたU様邸の気密試験の結果です

S__47390723.jpg

家中の扉や窓を閉め切って、こんな機械を使って測定します。
【減圧法】と呼ばれる方法で
室内の空気を送風機で外部へ排出し、室内外に生じた圧力差と空気の漏気量を測定します。

気密性とは、建物に隙間がどれくらいあるかを数値で表したものです。
相当隙間面積C値といい、
そのC値が小さいほど気密性の高い住宅といえるわけです

コチラのU様邸は、
高耐震・高断熱パネルであるヘビーウォールを施工し、
さらに パネルと柱、梁との接合部や窓などの開口部にも全て気密テープが貼られ、
さらにさらに 床の配管部分や、外に貫通する金物には
ウレタンの吹き込みと気密テープを併用するなど
徹底した気密対策がとられています

で、
気になる結果はというと・・・

S__47390724.jpg
FPの池内さんと弊社社長がどきどきしながら見守る中・・・

41749E22-6A38-4DD5-94A7-FB142F5AA785.jpg

125㎠!! ←総相当隙間面積です
U様邸1㎡あたりの隙間(C値)はなんと0.62㎠/㎡でした
建物全体の隙間を全部あわせてもはがきよりも小さいんです!

高断熱・高気密だからこそ計画換気も有効に機能します。
この3つがそろうことで
蓄熱保温・無結露・全室同温湿度が実現し
安心で快適な室内環境といえるのです

とりあえず、数字で証明する事ができました
現場の職人さんがたの丁寧で確実な仕事に感謝感謝です

Comment

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。